ビジネススキル 資産形成

経済的自由、時間的自由を手に入れる方法

こんにちは、管理人です。

 

今日のテーマは『経済的自由、時間的自由を手に入れる方法』について考えていきたいと思います。

 

毎日、一生懸命働いてもお金が増えずに残業してばかりで1日がおわってしまいます。。
ラッコちゃん

 

旅行など家族サービスをしたいけどお金がないのでサービスができないんです。
三毛猫

 

上記のように、経済的や時間的に悩んでいる人は多くいます。

 

親から一生懸命働いて出世しなさい、とボク達は教わり、毎日終電近くまで働いて自分の時間のほとんどを仕事に費やしてきました。

 

しかしそういった生活はもう限界が来ています。

 

電通は一部の正社員を業務委託契約に切り替え、「個人事業主」として働いてもらう制度を始める。まずは2021年1月から全体の3%に相当する約230人を切り替える。電通では副業を禁止しているが、新制度の適用を受けると兼業や起業が可能になる。他社での仕事を通じて得られたアイデアなどを新規事業の創出に生かしてもらう考えだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66103760R11C20A1916M00

 

 

電通といえば早慶など名門大でしかもエリートでないと入社できない高年収企業です。

 

しかし、昨今の広告収入の悪化により全社員に高年収を約束することができなくなってしまったため、今回『個人事業主』という名のリストラを発表しました。

 

最近はこういったリストラの一種を発表する大企業が目立っています。

 

人生は安泰を求めたら負け

 

確かに電通のような大企業に入社して高年収を得ることは会社員になる人は一種の勝ちゲームのようなものでした。

 

しかし最近の日本社会のリストラ事情を見てみると大企業ばかりがリストラを発表しているように感じます。(中小企業も同じようにリストラしていると思いますが)

 

今後、この波は公務員にも波及していくものと思われます。

 

ボクは人生で安泰を求めてしまったらその時点でその人から付加価値を産み出さなくなり、人間的資産価値がなくなってしまうものだと思います。

 

例えば、「リストラされそうな公務員」をあなたが経営者だったとして雇いたいと思いますか?

 

また、国会議論中に何も考えず平気で居眠りしている国会議員を雇いたいと思いますか?

 

あまり言いたくはないですが、今回のコロナ禍での対策でGOTOトラベル事業を行うのはいいとして、代替案を出さずにその事業にただ批判だけを繰り返す都知事をどう思いますか?

 

ボクは、GOTOトラベルを実施した結果、感染者が増えてしまったのは結果論なので仕方のないことだと思いますが、何も経済的政策を実行されない都知事の方が何もできない政治家だと思います。失敗してもいいから何かしら実行に移せよ!って思います。

 

こういったスタンスが『安泰』であり、何も実行できない人は人生において負けていると思います。

 

経済的自由を得る方法

 

ただ、人生を攻略するためには何かをするだけではだめで『経済的自由』と『時間的自由』の両方を得なければ90歳までただひたすら人生を働き続ける人生を送ってしまうことになります。

 

ボクは働くことは大好きですが、自分の時間を犠牲にしてまで働くことはしたくありません。

 

好きな時に好きな仕事をして働くことを求めていたいです。(その考えだと90歳まで働き続けるという行為に至らない)

 

『経済的自由』を得る方法。それは、『株(や不動産)を買うこと』に尽きると思います。

 

現代において、価値のある企業の株を買うことが最速で経済的自由を得る方法です。

 

『不動産や債券はどうなのよ』という話も聞かれそうですが、不動産は立地が良くて今後価値が値上がりすることが分かっていれば有りですが、人口が減っていることや減価償却で建物の資産価値が年々下がってきてしまうことによって、一部地域を除き不動産は負債となる可能性が高いです。

 

不動産として保有してもよい場所というのは都心の一等地や軽井沢の別荘など資産が落ちない場所ですが、そういった場所はごく一部の富裕層しか得ることができないため、参考にならないです。

 

 

庶民には庶民なりの人生の戦い方があります。

 

それを知らずに多くの人がやっている『労働収入』だけを極めようとしても経済的自由はいつまでたっても得られることはないでしょう。

 

まずは証券口座の開設手続きをすることが株を買うことの一歩になりますので、まだ口座開設していない人はすぐに申し込みを行いましょう。

 

時間的自由を得る方法

 

つぎに『時間的自由』を得る方法ですが、これは意識的に「労働時間を短くする」ことを実践して下さい。

 

あなたが残業時間が月平均で60時間していたらまずは月平均20時間に抑える努力をしてみましょう。

 

残業時間単価はたかが知れています。そんなことをするよりも自由な時間を手に入れて、「自分でビジネスを創出するための勉強時間」にあてた方が効率がいいでしょう。

 

また、去年から社員の有給休暇取得5日以上が企業に義務付けられていますが、有給休暇はできるだけ多く取るようにしましょう。

 

仕事の目処が立てば有給休暇は取りやすくなっているはずです。

 

しかし、有給休暇を取ったからといって1日中家の中でこもって誰とも会わないで終わらずことはせずに、意識して誰かと会うようにして下さい。

 

なぜ誰かと会ったほうが良いのか?

 

それは社外の人間と積極的に会うことによって普段聞くようなことができない有益な情報や人脈を繋がる可能性があるからです。

 

 

ボクは平日に有給休暇を取得した時は必ず『一人予約ゴルフ』を取るようにしています。

 

平日ゴルフは休日の半分以下の値段でプレーすることができてコスパが良いのと、同じく一人予約ゴルフで予約された人の中に某有名会社の役員の方や起業された方と会うことができて、実際有益な話をすることができたからです。

 

社会的成功を納めている人はゴルフをプレーされることが多いです。

 

そこで縁を付けることができたり、有益な話を聞くことができればその日の有給休暇取得は成功だったと言っても良いでしょう。

 

有給休暇の取得まで取ることができたら、週4日勤務の会社を実施している会社に転職活動をしましょう。

 

生産性が向上すると週5日勤務する必要がなくなることが分かってきます。

 

有名企業のサイバーエージェントは今年から月曜休みの週4日勤務体制になったそうです。それでも社員の生産性が高いため売上は伸びているそうです。

 

普通の人は「週4日は就業規則入っていないからムリだよ」という考えだと思いますが、それならば転職して週4日勤務の会社に行った方がいいです。

 

週3日休日になったとしても遊ばずに、副業などの仕事をしているわけで自分の人生の選択肢が増えると思うわけです。

 

過去の事例は

 

 

むかしの日本企業は週6日労働が普通でした。

 

しかしパナソニックが1960年代に週5日労働をしてそれでも生産性が下がらなかったから、他の企業も追随して今は週5日勤務が当たり前の世の中になりました。

 

週5日になってからすでに約50年以上の時間が経過していて、今はその当時からくらべものにならないほど生産性は上がっていると思います。

 

そう考えると週4日勤務というのはあながちアリなのではないかと考えられます。

 

人生は逆算して考えよう

 

田原総一朗氏の著書で『90歳まで働く』という本は生涯現役を掲げた本だと思いますが、意味を履き違えるととんでもない価値観を植えるけることになると思います。

 

多くの会社員は同じ仕事を90歳まで働くことになるのかー、と厭世的にとらえてしまうと思います。

 

ボクは人生を逆算して90歳まで働くのだったらいいのだけど、だれもやりたがらないコスパの悪い精神衛生上ブラックな仕事を90歳までは働くことは絶対にやりたくありません。

 

そうならないためには人生の逆算力がどうしても必要です。

 

40歳で副業の事業を2つ手掛けるとか50歳で週3日しか働かなくても生活できるようにする、でもいい。

 

流されずに計画的な人生を歩めるよう見識力を養っていきましょう。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

-ビジネススキル, 資産形成

Copyright© 人生に100%投資をするページ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.